360度多面評価
360評価イメージ図
360度評価(多面評価)とは

360度評価(多面評価)とは、一般的な上司による部下の評価ではなく、字の如く、多面的に上司、部下、同僚、顧客など複数の関係する人たちか(360度の)評価を行うものです。
一方向からの評価だけでは得られない多面的な評価を得ることで、より客観的な評価結果が得られます。

特に、管理職クラスの評価の場合、彼/彼女のリーダーシップの発揮状況をもっともよく知るのは、その人の下で働く部下たちになります。管理職クラスのリーダーシップやマネジメント力を、より客観的に把握、評価する仕組みとして多くの場合、導入されています。


360度評価の活用方法

実際の運用では、「評価」の仕組みとしてではなく、「管理者としてのスキル向上・能力開発」のための仕組みとして用いられるケースが多いようです。報酬・賃金等と連動する「評価」へつなげることは稀で、「選抜や配置」の一参考データとして用いる場合がある位です。

うまく導入し、活用することで、組織のかなめとなる管理職者のマネジメントスキルを強化し、組織全体の活性化やモチベーション向上、業績向上に寄与すると考えられています。

なお、一般的な導入目的として、以下のような点があげられます。

自分では難しい気付きにより、マネジメント能力開発(修正・向上)に活かす
上司だけに目を向けるのではなく、従業員や顧客へも目を向けてもらう気付きを与える
より客観的で幅広いデータにより、適正な選抜や評価へ活かす
双方向に評価する仕組みを通じて、組織の中の納得感や風通しを向上させる
研修や育成の効果を測定する

360度評価導入・運用のポイント

評価する人が管理職に限らず、一般の社員も含まれるため、評価者としてのスキルが未熟で、ばらつきがあるものと考えられます。そのため、結果をそのまま鵜呑みにするのは危険です。
提示の仕方や扱い方によっては、組織内・チーム内の和を壊すことになりかねません。報酬等へリンクさせるなど直接的なメリットと連動させると、事実を浮き彫りにするツールとしての信憑性が損なわれる危険性があります。導入・運用に際して次の点に留意することが重要です。

導入運用に際しては、導入目的、意義、活用方法を明確にして、十分説明する
主目的が、個人の気付きを自分自身の自己改善に活用するということを理解させる
評価ツールとしての限界やデメリットを説明し、十分知ってもらう
結果のフィードバック、育成・能力開発のためのサポートを惜しまない

HRベース 360度評価(多面評価)の特徴

三つの比較分析で、管理職のマネジメントスキル、リーダーシップ向上を促します
360度評価(多面評価)の特徴
評価項目:成果をあげるリーダーに求められる8つのコンピテンシーがベース

成果をあげるリーダーに求められる重要な8つのコンピテンシー(行動要件)を評価します。周囲の人材を巻き込みながら、環境に対応し成果を出す「変革型リーダシップ」の考えに基づき、コアとなる要件を評価します。

8つのコンピテンシー
自社独自の評価項目を追加可能

8つのコンピテンシーの他、自社独自の評価項目を自由に追加して分析することが可能です。

 

 

 

低コストで導入可能な価格プラン

中小企業様でも低コストで無理なく導入・運用頂けます。下記の他、もっとお得に導入頂けるセルフプラン(アセスメント費用@2800円より)もございます。また、評価ツールの他、ツールをうまく活用するための導入・実行支援コンサルティング、フィードバック研修等も提供しております。詳細はお問い合わせ下さい。

360度多面評価の価格表