FAQ
  1. >

HRベースの概要

Q:HRベースとは具体的にどのようなものですか?サービス?ソフトウェア?ツール?
HRベースはパソコンのWindows上で稼働するソフトウェア(USBハードキーに保存)と、それをうまく活用するためのマニュアル、活用キット、各種調査票原稿ファイル(いずれもCD-ROMに保存)から構成されるものになります。企業で必要な各種アセスメントが全て搭載された診断分析ソフトウェアだとお考え下さい。適性検査版、組織ストレス診断版と、それぞれの単機能に特価したバージョンもあります。
Q:HRベースは適性検査以外にどのような機能がありますか?
適性検査以外に、管理職や組織長のリーダーシップを上司、部下、同僚から評価する「360度多面評価」、従業員の心の健康診断を行う「組織ストレス診断」、従業員満足度を中心に企業、組織の健康診断を行う「ES調査」、個々人のモチベーションの状況を診断する「モチベーション・サーベイ」の5種類のアセスメントを用意しています。いずれも、使いようによって、企業の変革と成長に強力に寄与するアセスメントツールです。

HRベースの使い方

Q:採用検査に「通常版」と「特別版」があるようですが、この違いは何でしょうか?
「特別版」は、対策の進む昨今の就職活動状況を踏まえて開発された、見栄や演出の影響を抑えるテスト技法を採用した検査です。「対策」が効きにくい、良く見せたいといった「見栄」や、理想的な個人像を浮かべて回答する「演出」といった真の姿を浮き彫りにする上で妨げとなる反応歪曲を抑制する効果があります。一方、「通常版」は言葉の通り、従来型のライスケールを用い信憑性を評価するスタイルの検査になります。
Q:検査の問題や回答用紙はどのように用意するのですか?
HRベースには、問題冊子、回答用紙の原稿が含まれています。こちらの原稿を元に自社で簡単に用意することが可能です。また表紙や案内文、デザイン等は各社でカスタマイズすることが可能です。自社独自の問題冊子を作成することも可能です。
Q:回答結果のデータはどのようにして用意すればよいでしょうか?
HRベースでは、いくつかのパターンに応じた問題冊子、回答用紙を用意しております。オーソドックスな入力方法として、記入済み回答用紙を元にパソコンで入力することになります。この場合、入力用のフォーマットを用意していますので2〜3分で入力可能です。また、回答用紙として、マークシート用紙も用意しています。スキャナー式の読み取りソフト等(別途、ご用意下さい)を活用することで、簡単に複合機スキャナーで読み取り入力結果をエクセル等で用意することが可能です。100名単位の結果であってもさほど労力をかけずに入力作業を実施することが可能です。
Q:結果のデータは別途保存したり、エクセルで分析できたりしますか?
可能です。診断結果は各アセスメントツール毎に専用の出力帳票で出力されますが、同時に各指標のデータを数値としてデータ保存することも可能です。自社独自のデータ等と照らし合わせるなど、さらなる詳細分析にも活用いただけます。
Q:どのような職種に向いているかがわかりますか?
HRベース適性検査では、7つのタイプの仕事に関して、職務適性を評価しています。この欄を用いることで、どのようなタイプの仕事、職場があっているのか、適性や配置の検討にもつながります。

HRベースの活用法

Q:採用基準を明確にするにはどうすればよいですか?
大きく二つの方法があります。経営者の思い等を通じて明確にする方法と、客観的なデータに基づき(既存の従業員に対して検査を実施し)、その結果から「どのようなタイプの人材が貴社で活躍するか」を分析把握する方法があります。HRベースでもサポートしております。
Q:360度多面評価の結果を用いたフィードバックはどのようにすればよいでしょうか?
360度多面評価の結果の読み方や結果の活用方法についてレクチャーした上で、検査被対象者へ個別でフィードバックすることが有効です。マネージャークラスの昇格後の研修や、リーダーシップ強化をテーマとした研修の一環として実施することも有効です。フィードバック方法のサンプル等もマニュアルとして記載されています。
Q:組織ストレス診断の結果を返す際に気をつけることはありますか?
他人にあまり知られたくない情報ですので、情報管理はしっかりしつつ、フィードバックの際も窓空き封筒等を使う等、最大の配慮が必要です。管理の方法についてもマニュアルへ記載しております。

サポートについて

Q:USBハードキーを無くした場合、どうすればよいですか?
新しいUSBハードウェアキーを発行いたします(有料)。もし、後々発見されましたらお知らせ下さい。
Q:フィードバックの行い方や研修メニューとして活用したい時にサポートはありますか?
基本的な活用方法につきましては、使い放題版の場合、マニュアルとしてご用意しています。それ以外の研修企画、運営実施については、別途承ります。ご連絡をお願いします。
Q:新しいパソコンで使いたいと思います、何か不都合はありますか?
USBハードウェアキーをパソコンに差し込んでみるだけのですの、不都合はありません。